11月は後半に企画展「手仕事と暮らそう 寄木細工と南部鉄瓶」を
開催いたします。
寄木細工と南部鉄瓶という、どちらも地域に根ざした伝統工芸に取り組む
二つの工房を紹介します。
寄木細工は今回初登場となるOTA MOKKO /太田憲さん。
天然の木目と木の色を生かしたシンプルで現代的なセンス、
身近におけるアイテムづくりが特徴です。
南部鉄瓶は鉄瓶工房高橋 /高橋大益さん。
伝統的な焼き型技法で鉄瓶を作っています。「使って楽しい鉄瓶」を
一生愛着を持って使ってもらおうと、長い工程に取り組んでいます。
今回は企画展ならではの変わりダネも用意しているそうですよ。
産地で光る若手作家の手仕事をぜひ見にいらしてください!



d0177286_17424657.jpg















太田憲さん 
ペーパーウェイト



d0177286_17221397.jpg





















高橋大益さん
ちび丸(左)、ぽっとっと(右)



ノビル舎 アトリエショップ
10:30~18:00 水曜休み
11月の予定 11/2木〜30木
企画展「手仕事と暮らそう 寄木細工と南部鉄瓶」
11/16木〜30木

[PR]
# by nobirru | 2017-10-31 17:40 | Handworks in Life

氷見市中田にある氷見市文化財センターへ
出かけてきました。
平成27年に国登録有形民族文化財になった
「氷見及び周辺地域の漁撈用具」ほか、農具など
2853点もの民族資料が収蔵されているところです。
(博物館では公開しきれない多くのものを定期的にこちらで
公開されているのです)

開館時に到着して、氷見市立博物館の学芸員の方の解説を聞きながら
会場を回りました。
氷見といえば、ブリ漁などの定置網漁で知られるところ、
それにまつわるたくさんの漁撈用具があります。

木造の和船(撮影許可をいただいてます)

d0177286_16514484.jpg

















イワシなどを入れた三十貫ザル

d0177286_16522695.jpg






















県内の朝日や入善の和船もあり、形状のちがいが面白いです。
明治の頃に使われた三十貫ザルは昭和には十貫ザルに。
小さくなり、編み方もざっくりと荒くなっていました。

氷見では養蚕もおこなわれていたのですね。
棚は竹で編まれていたのです。

d0177286_16521569.jpg

















農具もたくさん!
ころがし、脱穀機、唐箕 ↓

d0177286_16520672.jpg

















籾や藁くずを選別するのですが、日本の東西で籾の出口の位置が異なっており
能登では西日本タイプのもの、大門あたりでは東日本タイプのものが
製造されていたそうです。道具の東西の境界がここに、おもしろいですね〜

竹細工は実に多様で漁撈に農具に、日常の暮らしにと
編まれていて、会場のそこここで見ることができました。
用途により形状も編み方もちがってきますので、これだけのものが
みられる土地は少ないのではないかと推察します。
そして、今残っているのはほんのわずかな道具だけです。

今回、初めて間近にみたのが神通川のササブネ。
昭和50年代まですぐ近くの布瀬町に舟大工さんがいたということで
サケやマス、あゆを水揚げして運搬していた牧歌的な風景は
自分も見ていたはずなんですね。
氷見の十二町潟の湿田農耕の写真も美しかったなぁ。ウットリ
ほんの少し前まであった暮らし、風景、よかったらお年寄りを連れて
お出かけください。みんな元気になります。
収蔵品がとてもきれいに手入れされていて、あらためて
氷見市立博物館の尽力に深謝するところであります。



氷見市文化財センター
氷見市中田645番地(旧女良小学校)
今年度このあとの公開日:11/4、25、3/24(すべて土曜)9時〜16時
*申し込み不要、入場無料


[PR]
# by nobirru | 2017-10-29 17:45 | モノとの出会い

10月28日(土)は13時から

10月28日(土)は13時からの開業となります。
急なお知らせで申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

*午前9~10時と氷見市文化財センターへいきます。
古い農具や漁撈用具が一般公開されます。
問合せ先:氷見市教育委員会 0766-74-8211
弊舎へもお問い合わせくださいませ。

[PR]
# by nobirru | 2017-10-26 18:08 | ちかごろノ

大きな台風が過ぎていきました。
お家まわり、大丈夫でしたか。

ノビル舎アトリエショップ、
10月〜12月と企画展のないときは
ふだんのうつわや暮らしの手仕事をいろいろと
見ていただけます。

うつわについて、「どんなものから揃えたらいいですか?」と
質問されることが多いのですが、
自身の経験では、小さな取り皿だったなぁと思います。

昨日、焼きりんごをサーブしたのは
印花3寸皿、水垣千悦さん作のうつわです(@1,500-)。

d0177286_10033122.jpg















3寸皿といっても、10センチ径あります。
高さは2センチですから、お惣菜にもかなり使い手があるうつわです。

d0177286_10033569.jpg



















もう何年も前、ノビル舎を開けるより先から使っているこのうつわ、
水垣さんのロングセラーでもありますね。
花と蝶々の文様がかわいくて、使ってみたらよかった、
うつわ選びには特別な知識とか経験とか
必要ないと思います。


d0177286_10033980.jpg
















3寸〜4寸の小皿、いろいろとありますので
お気軽にお出かけください。


ノビル舎 アトリエショップ
10:30~18:00 水曜休み
10月の予定 10/5木〜31火
*28日(土)臨時休業いたします



[PR]
# by nobirru | 2017-10-23 11:06 | Handworks in Life

11月前半はクラフト工房La Manoさんの
草木染め作品が届きます。
昨年も好評でしたウールマフラーや
人気作品の五本指靴下など届けてくださるそうです。

d0177286_10405574.jpg






















こちらの↓チェアマット(400×320mm @4,000-)は
ご注文をお受けする作品になります。

d0177286_10405991.jpg

















11月2日(木)〜13日(月) ウールマフラーなど展示販売
11月2日(木)〜 12月19日(火)チェアマット制作受付

La Manoさんは自立支援の工房です。
染織の手仕事に取り組み、日常のための作品を生み出しておられます。
メンバーの方の能力を生かして多くの工程に取り組む
様々な工夫と、所々で支えるボランティアの多いこと...
工房訪問でも見せていただきました(織り機もたくさん!)
今年は「仕事」と「福祉」の新しい可能性をテーマとした
Good Job!展アワードで準大賞を受賞されました。
よかったですね!!


こちらで工房の様子が見られます → Good Job!展/MOVIE


たくさんの方にとびきり美しいLa Manoさんの作品を
見ていただけたらうれしいです。
あったかい冬をすごせそうですよー!
よろしくお願いいたします!



[PR]
# by nobirru | 2017-10-23 10:58 | Handworks in Life