またたび米研ぎざる ご注文受けます(期間限定)

またたびの編み組み品、米研ぎざるをご紹介します
(アトリエショップ 取扱い品です)。

d0177286_16465214.jpg












奥会津に自生するまたたびは3mほどの長さがあるものを
採取して生木のうちに表皮を剥ぎます。
11月に冬の間に作る分を採取し、材にしていきます。
それをつるの太さにより、四つ、五つに裂いて編む材にするのは
手間暇のかかる仕事です。
編み組み品の産地はどこも高齢化が進んでいます。
一連の作業と編む技術、このものづくりを続けていくのは
簡単なことではなくて年々状況は変わっていきます。
奥会津では後継の方があるということですので、少しずつ取りまとめて
制作を依頼していこうと思っています。
毎日、長く使うもの、いかがでしょうか。


今回は米研ぎざる(3合目安、外径22センチ・深さ11.8センチ)。
巻きぶちの意匠、目の詰み具合をご覧ください。

d0177286_16591781.jpg
















-

d0177286_16592246.jpg
















-

比較 こちらは↓普通のざるの目です

d0177286_17003400.jpg
















-

d0177286_17010815.jpg
















米を入れボウルで水を受けて研いでいきます。
しばらく水切りをしてから炊くと、ごはんが美味しくなるのです♪

期間限定でご注文を受けます(10月28日締め切り)。
価格は多少上がりつつありますが、参考価格をお伝えします。
お気軽にお問合せください。
info@nobirru.com



ノビル舎 アトリエショップ
10:30~18:00 水曜定休、13日(土)臨時休業
10月4日(木)〜30日(火)
info@nobirru.com
090 8269 336

[PR]
by nobirru | 2018-09-30 16:14 | ショップ/web