人気ブログランキング |

12月は月間通してアトリエショップ です。
「手仕事を贈ろう&2019アーカイブ的に」、
この一年、作り手とともに制作していきたものを
たくさん見ていただきたいと、アトリエは楽しいコーナーが
いくつもあります♪
お出かけくださいませ。

12月はアトリエショップ 3_d0177286_11232473.jpg




















-

12月はアトリエショップ 3_d0177286_11232422.jpg




















-

12月はアトリエショップ 3_d0177286_11232432.jpg






















今週はお出かけ日和ですね。
デッキからどうぞ!!



12月のアトリエショップ
 12月3日(火)〜26日(木)11時〜17時  *火曜~木曜は16時半までお入りください
 日曜・月曜定休、23日(月)は営業


-----------------------

手仕事と暮らそう

ノビル舎

Atelier Nobiru

www.nobirru.com

info@nobirru.com
090 8269 3369

by nobirru | 2019-12-10 11:27

6日火曜臨時休業します

今日6日火曜は大雪のため、臨時休業いたします。
何卒よろしくおねがいいたします。
なお、日中はアトリエにおりますので
お声掛けください。

by nobirru | 2018-02-06 08:35

山田隆太郎さんの新着お茶の器とポットです。
多治見から神奈川の新工房に移られて、久しぶりの紹介となりました。
今回は日本茶にも紅茶にもよさそうなものをリクエストしました。



黒褐釉ポット
200cc、300cc
緑がかった黒褐色の優美な色合いです

新着ポット、カップ、湯呑み 山田隆太郎さん_d0177286_13090533.jpg





















粉引モミ灰釉ポット 300cc
少しぽってりとした丸みの落ち着いたフォルムです

新着ポット、カップ、湯呑み 山田隆太郎さん_d0177286_13090879.jpg





















粉引湯呑み
薄い水色がかっています。ろくろの跡がいいですね。
おおぶりな湯呑みは紅茶にも♪

新着ポット、カップ、湯呑み 山田隆太郎さん_d0177286_13091512.jpg
















粉引カップ
手に収まりのいい少し縦長のカップ

新着ポット、カップ、湯呑み 山田隆太郎さん_d0177286_13091876.jpg





















煎茶カップ
小さな煎茶カップもございます♪

新着ポット、カップ、湯呑み 山田隆太郎さん_d0177286_13092157.jpg





















ポット 9,000-〜、カップ 2,000-~
肌寒い日が増えてきましたね。
美味しいお茶の時間をどうぞ♪


ノビル舎 アトリエショップ
10:30~18:00 水曜休み
10月の予定 10/5木〜31火

by nobirru | 2017-10-08 13:24

7月スタートです

7月のアトリエマンスリー、始まります。
暑い季節ですが、心地よい手仕事と暮らしましょう。
すうっと風が通るようですよ。
今月は日用の編み組み品
届いております。
ぜひ、お出かけください!


7月スタートです_d0177286_1124546.jpg















7月スタートです_d0177286_1134415.jpg












7月スタートです_d0177286_114949.jpg















7月スタートです_d0177286_1143067.jpg















7月スタートです_d0177286_1144691.jpg





























写真二番目から
弁当箱/横長サイズ(岩手・一戸)
舟形かご(福島・三島)
またたび浅ざる/大(福島・奥会津)
 towel 藍染/長いサイズ 菅野あゆみさん
花かご(福島・三島)


*********************

7月のアトリエ・マンスリー

7月14日(木)〜30日(土)
11:15〜18:00 水曜休み

★うつわ・暮らしの道具
  &7月の新着 
      編み組み品/竹やまたたび

(*アトリエそばの駐車場、ご案内します)
 
https://www.facebook.com/nobirrusha
http://nobirru.jimdo.com/アトリエ案内
by nobirru | 2016-07-14 12:57

5月のアトリエ・マンスリー
新着は安土天平さんの吹きガラス、
そして常設のコーナーも
ぜひご覧ください。


5月のアトリエ・マンスリー開催中_d0177286_1149443.jpg

















白系のうつわ(↑)これから、涼しげですね。


5月のアトリエ・マンスリー開催中_d0177286_11494683.jpg












浅井洋子さんのコースター(左・綿麻)や
山内えり子さんのコースター(右・からむし織)と
ガラスとの組み合わせ、
贈り物にも好評ですよ。

気持ち良い季節の暮らしに手仕事をひとつ、
いかがでしょう♪

5月のアトリエ・マンスリー開催中_d0177286_1150302.jpg













5月のアトリエ・マンスリー開催中_d0177286_1150473.jpg


















*********************

5月のアトリエ・マンスリー

5月12日(木)〜28日(土)
11:15〜18:00 水曜休み

★うつわ・暮らしの道具
  &5月の新着 
      安土天平さんの吹きガラス 
      グラス各種、うつわ、花生けなど


(*アトリエそばの駐車場、ご案内します)
 
https://www.facebook.com/nobirrusha
http://nobirru.jimdo.com/アトリエ案内
by nobirru | 2016-05-21 12:42

会津に学ぶ

会津へ行く直前に、奥会津出版さんのことを知り、
今回の行き先が近いこともあって
訪ねさせてもらいました。
BOON文化シリーズ『森に育まれた手仕事』を
見たかったのです。 

そして、『会津学』。聞き書きによるレポート集で、
会津の暮らし、自然、農.....会津の土地に広がる多様な営みを
とらえるべく記録されたものです。
会津に学ぶ、で、会津学。
2005年創刊号が出て、もう20巻に届くとか。すごいことです。
主宰される遠藤さんには、お忙しい中お世話になりました。
ありがとうございました。
奥会津書房


会津に学ぶ_d0177286_11414219.jpg
by nobirru | 2015-10-30 15:39

つなん原よりストール

つなん原染織工房・尾池三佐子さんより、
ストールが色とりどりに届きました

羊毛を紡ぎ、自然の素材を染料にして染め、
ふんわりと織られた布。
野原の風がさぁっと吹き抜けるような心地よさに
包まれております・・!

サイズはおおむね 35センチ×170センチ。
たっぷりとしたマフラーにしても、肩にかけても素敵、
着物にもよいね〜との声もいただきました。

思いがけない色が、似合ったりしますよ。
アトリエでぜひ!


つなん原よりストール_d0177286_14272298.jpg



つなん原よりストール_d0177286_13223038.jpg




つなん原よりストール_d0177286_13252821.jpg
by nobirru | 2013-12-18 16:42

工房からの風

今年9回目になる『工房からの風〜craft in action』。

10月15・16日に千葉・市川の二ッケコルトンプラザにて開催された。
これから、どんどん仕事をしていく作り手50人が発表するイベントだ。
準備万端な感じの会場は、カフェやワークショップも随所にあり、
作り手さんの各テントも行き届いた配置、
訪れる人たちをどーんと受入れ、和ませてくれる。
人ともの、人と人、そして空間の力。
これらを組み立てるプランニング。
ものづくりという仕事にとっても、いい刺激がある環境だろう。

来年は10回目。
ワクワク、楽しみです。
そして、継続のチカラ、すごいことです〜と思います。




さて、今しばらく
風のうまれるところへ行き、いろんな風を感じてこよう。
フィールドワークは続きます。



工房からの風_d0177286_1212308.jpg
by nobirru | 2011-10-27 12:34

夏に想う

暑中お見舞いを書いたら、いきなりの猛暑日。
天は容赦ないのでしょうか。

ここへきて一段と一日の終わりがやりきれないようになった。
もともとTVのニュースはどうなんだと思うのだけれど、
別の意味で自分の国の現実を観ずにはいられない。

今日は小学校のプールの掃除の土に放射性セシウム。
子どもたちの命に拠らぬどんな判断があるのでしょう。
正念場の夏です。
一日のふとしたときに、瓦礫に覆われた海岸線が浮かんで胸を突く。
手を合わせて祈り、
もう少しできることあるだろうと、自分を鼓舞する。
by nobirru | 2011-07-08 19:29

春はくるから

私たちは、
草木のように生きていけばよかったのか。

大いなる課題に直面しているけれど、
何もかもをひといきに受けとめ、考えられるものではないから、
一日一日、できることをしながら
共に、生きよう。



春はくるから_d0177286_15534188.jpg
by nobirru | 2011-03-17 16:02